redhat logo

第1回 金融ソリューションウェビナー:
運用自動化によるリードタイム99%削減を実現する方法とは?
〜金融システムの事例から学ぶ、インフラ運用の最適化の方法と仮想化・コンテナ環境の統合の取り組み〜

2020年9月9日 16:00  17:00 (日本時間)東京オンライン

概要

金融機関ではインフラの最適化が他の業種に先駆けて最先端の技術を活用した取り組みが進んでいます。本セッションでは海外金融機関がどのようにインフラ最適化を実現したのかをご紹介いたします。

・ANZ Bank(銀行業):
アプリデプロイ時のチケットを起票してから展開されるまでのリードタイムを99%以上削減を実現。

・Goldman Sachs(証券業):
VM/コンテナインフラ全体自動化のためにKubernetesで仮想マシンを管理するOpenShift VIrtualizationの共同開発を進めコンテナと仮想マシンの統合管理を実現。

レッドハットでは、金融業界におけるDXをはじめとした情報のキャッチアップ、業界に共通した課題をどのように解決していくかといった内容をご紹介しております。ぜひ今後も金融機関向けウェビナーをウォッチくださいませ。

これまでのウェビナーを含む金融機関様向けの情報を以下にまとめております。ぜひこちらもご一読ください。https://redhat.lookbookhq.com/l/rh-fsi-hub

    ご登録情報

    アジェンダ

    Time

    SESSION

    03:55 pm – 04:00 pm

    ウェビナーオープン

    04:00 pm – 04:05pm

    オープニング

    04:05 pm – 04:45 pm

    セッション

    04:45 pm – 05:00 pm

    ライブQA
    当日のセッション内容に関するご質問についてレッドハットのプロフェッショナルよりご回答いたします。

    スピーカー
    飯田敏樹
    飯田敏樹

    レッドハット株式会社

     

    エンタープライズ営業統括本部 金融営業部 シニアクラウドスペシャリストセールスマネージャ